Top
教育勅語
孝行
友愛
夫婦の和
朋友の信
謙遜
博愛
修学習業、智能啓発
公益世務
遵法
義勇
伝統継承
率先垂範
[PR]
# by ritzia | 2007-11-23 06:41 | memo
【Web】泡立ちが良くなるビアカップでコーラを飲む会
泡立ちが良くなって炭酸がやたら抜けるせいで、甘すぎて自分が粟立った。
さて折角復活したからblogっぽいことしよう。



幻想の武器博物館
ブルトガングについて調べていて辿り着いた。
神話、伝承等に出てくる刀剣武具の類について研究、展示してあるサイト。
内容のある展示品はつい中を覗いて読んでしまう。
一々、深くて面白い。
日本刀(妖刀/名刀)って出世魚みたいだよね・・・
名前が変わってゆくさまが面白い。


無限∞空間
ニーベルンゲンの歌について調べていて辿り着いた。
サイトの全体案内に書いてある事に非常に好感を覚える。
知識量の多さと纏めてある質はすばらしいの一言。
こういうサイトに出会えると、インターネットって素晴らしいな、と思う。



どういうサイト見るにしても大事なのは"ソース"と"解釈"
後は自分がどれだけ楽しめるかですよねー
[PR]
# by ritzia | 2007-11-17 22:10 | weblog
【映画】ベーオウルフ
見に行きたいなぁー
四谷で乗り換える時にデカいポスターがいつも目に入るんです。
いつ公開とか全然見てないですけど・・・

出来れば、一緒に。
・・・うぅ、最近休日、疲れちゃってだめなんだよなあ(´・ω・`)
[PR]
# by ritzia | 2007-11-17 21:37 | 日常
【叙事詩】ニーベルンゲンの歌
(::Note)
日本語に訳してあってもこんなにテンポ良く引き込まれるのは凄いこと。
物語のフィールドも非常に広く、空間把握能力と知識の足りない自分では、登場する国々の位置をイメージするだけでも骨が折れる。
ライン川を軸に据え、ネーデルラント、ヴォルムス、アイスランド、フン族の国まで。
参考地図(無限空間2号館)
ジーフリトのモデルになったのは、北欧伝承の英雄、シグルズ。
元となる伝承とは異なり、時代背景柄、オーディンやウァルキューレ等を仄めかすような記述は無く、キリスト教を主なバックボーンとして展開される。
物語の前半と後半で基調が大きく異なり、


//本編で語られない、前提となるファクター
・ ジーフリトの竜退治=シグルズのファフニール退治(こちらは竜ではなくワーム)


//フン族の王エッツェル
・ ジーフリトの死後、クリエムヒルトに求婚し、彼女に復讐の為利用される。
・ ブルグント族を滅ぼし、フン族の王であったという点ではアッチラがモデル。
・ エッツェルの居城の位置との一致、異教(キリスト教徒)の妻を迎える点においてシュテファン(イシュトヴァーン)王がモデル。


//宝剣:バルムンク
・ ジーフリトの持ち物である名剣。
・ ニーベルンゲン族のいざこざに介入してニーベルンゲンの宝を奪った際に手に入れた。
・ 北欧伝承における魔剣グラムに相当するのだろうか。
・ トロネゲのハゲネがニーベルンゲンの宝をライン川に沈めてしまった際に彼の手へ移る。
・ 最終的にバルムンクによってハゲネは首を討たれる。


//他
・ ライン川は男性名詞/ドナウ川は女性名詞
・ 良く知られる、ニーベルングの指環は、北欧伝承のシグルズを主題にしている。
 元ネタとしては同じようだ。
・ 実在の人物や事象をモデルとして描かれたストーリーパーツが多い事から、明確に、物語の現場が実在する。
・ ニーベルンゲン街道、ジークフリート街道なるものもある様子で、観光ルートとして整備されているようだ。 機会があれば行ってみたいが・・・


[ニーベルンゲンの歌/岩波文庫/相良守峯訳]
[PR]
# by ritzia | 2007-11-16 23:07 | 民神
【DS】給料日がやってきた
キワミに汚染されすぎて、帰りが遅くなると口ずさみながら駅から自宅まで歩きます。

もとい

給料日が来たので入れる所へ金を入れ、小遣いで颯爽とDSのソフトを購入。
今月の購入ソフトは、
・「DS文学全集」
・「Final Fantasy Tactics A2 封穴のグリモア」
の二本。

文学全集は本DL出来たりして面白いけど、やはり紙媒体で活字を読むのと比べて、
文字が大きいにも関わらず読みづらい、目が疲れる、というのが欠点。
収録してある内容はもちろん悪くない。
面白いと思うけど、本のほうがいいなぁって思った。
これだけ入って3k↓ならリーズナブルだし、持ち運びもお手軽だけどね・・・

FFTA2は、前作と比べてドット絵のクオリティは良くも悪くも全く変わらずという印象。
面白いかって言われたらそら面白いよ・・・
こういうの大好きだしw
まだ始めたばっかりなので神獣は出てきてないけど、魔法のエフェクトが結構綺麗なので登場が楽しみ。
ブリザドがお気に入り。

ロウ:氷禁止 でもそんなの関係ねェ!

戦闘不能が起こせなくなるだけらしいので、前作よりロウの縛りは緩い感じ。
即死パターンが出てくるなら厳しいと思うけど・・・
殆ど気にしないでプレイ出来てストレスがたまらないw
ダメージ50↓とか言われてもねぇ・・・('A';


ちんたらプレイ。


カラオケ行きたひ
[PR]
# by ritzia | 2007-11-11 22:23 | CS
【落語】NHKに唆されるなんて悔しいッ
朝出掛けにテレビを見やるとよく、NHKの連ドラが目に入る。
どうも今回の連ドラは落語ネタらしい。

昔から興味があって、上野、新宿あたりの寄席に行こう行ってみようと思いつつ、
金がある時には暇が無く、暇がある時には金が無く。或いは精神的な余裕が無くて行けていない。
ユウのエッダ、神さびを読み終わったので、家での余暇過ごしにいいかと思って落語ネタでも攻めるか!
と思ったものの、書籍を買おうにも先月分の給料はもう残り少ないという・・・
今月は出費が少ない様子なので、10日までの辛抱。
給料日が待ち遠しいなんて久しぶりの事。
カラオケ、本、酒・・・
明るい未来が待っている。


さて、少し彷徨ったら上方落語をテキストで紹介している好みのページがあったので以下に。

世紀末亭
Topにあるスクリプトのお遊び表示で驚愕、今日は新世紀開始後2500日目ですって!
もうそんなに経ったのか、つい昨日の事であるようなのに。
niftyって文字列も久しぶりに見た気がするよ・・・
更新も途絶えていないようで、なかなか時代を感じるページ。
こういうページは凄く、貴重だと思う。
[PR]
# by ritzia | 2007-11-06 06:53 | weblog
更に再度
再利用をすることに。
近頃再びハマりはじめたアイスランド/ゲルマン系etc
メモ、WebLog用に使用する予定。
[PR]
# by ritzia | 2007-11-06 05:47 | notice
【本:雑多】11/10/07~
<<11/10/07>>
[世にも面白い狂言/茂山千三郎/集英社新書]
[名刀 その由来と伝説/牧英彦/光文社新書]
[PR]
# by ritzia | 2007-10-17 22:28 | offlog
【本:北欧】10/10/07~
<<10/10/07>>
[K・クロスリイ-ホランド 北欧神話物語/山室静香・米原まり子 訳/青土社]
[ニーベルンゲンの歌 前編/相良守峯 訳/岩波文庫]<読了>
[ニーベルンゲンの歌 後編/相良守峯 訳/岩波文庫]
[エッダとサガ -北欧古典への案内- /谷口幸男/新潮選書]
[エッダ-古代北欧歌謡集/谷口幸雄 訳/新潮社版]




[11/17/07]
読み終えても、なかなか読了と言えない本が多い。
理解度の問題だろうか・・・
興味のもてる範囲で、もっと史実にも触れてゆきたい。
谷口本が面白い。
[PR]
# by ritzia | 2007-10-10 21:07 | offlog

このBlogには個人的な見解が多分に含まれる予定です。

何かありましたら念力でどうぞ。

<©1984-2007 str@Triad>

ムニンを求める
nushi::虎
コメント禁止ワード::"http://"
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31